Strongersuitsは、女性がさまざまな役割をバランスよく果たしながら自分で自分の人生を選択していくための学びと環境を提供し、なりたい自分になって輝いて生きるためのアシストをいたします。

最新のお知らせ


2018年12月4日 : なにがあれば自分が信じたことをやり抜けると思う?
こんばんは!
原則マフィアの大隅聡子です。



いよいよ2018年も師走を迎え、この1年を振り返りつつ未来を描いている方も多いと思います。



自分と未来は変えられる!
未来はいまの延長線上にある必要はない!



理想の自分になり最良のビジョンをカタチにすることを決めて、そのために例えば新しいビジネスを始めるとか、新しい学びを始めるとか、いままでとは違う選択をする時によくあること!



それは、家族やお友達からの反対…



私も2010年に7つの習慣を読んだことをきっかけに最良を目指す生き方を決めて、それまでの選択肢にはまったく入っていなかったビジネスと学びを始めたんですが



それはそれは!お友達からたくさんの否定的な言葉を頂戴しました。



「あやしい」
「へんなものにハマっている」
「話が合わなくなった」
「とりあえず近寄らない方がいい」
「起業なんてどうせ上手くいかない」
「子どもがかわいそう」



だいたいこんな感じだったかな(笑)?



もし一時的なノリや勢いで始めたものだったら、その言葉に打ちのめされて日常に戻ってしまったかもしれませんが、私には確信があった。それは、冷静に客観的に何度も何度も考えてたどり着いた答えだったし、直観でも良心でもGo Signだったので、誰に何を言われても結局は自分を信じることで乗り越えてきました。



そして、そうしてきて本当に良かったといま心から思っています。



まわりの方が理解するのはいつもあとです!



愛情があるからこそ心配してくれているので、その想いだけは有難く受け取って、でも自分が本気で信じたことをやり抜くしかない!



まわりにどうこう言われてやめるくらいなら、最初からやらない方が良いのです。



最後は必ずお役に立つと決めて「あなたならやると思ってたよ」と言われる光景をイメージしよう!!



そんな私も一度心が折れそうになり、尊敬している方に相談したことがありました。



「そんなの一切気にすんな!ところでさ~」とあっさり話題を切り替えられ…上手くいってる方からしたらその程度の問題なんだと、一瞬でどうでもよくなったのを覚えていますが、こういう時は相談する相手を間違えないようにしたいですね!



上手くいってない方や反対している方に相談したら「だから言ったのに!すぐやめなさい!」と言われるだけなので(笑)



自分を支えてくれる圧倒的な自信の作り方については、また追ってお伝えしたいと思います。



読んでいただき、ありがとうございました!


2018年11月20日 : 新生SMC誕生
内村美登理さんと一緒に2012年に立ち上げ、今月6周年を迎えたSmart Mama's Club!



ミッションを胸に継続開催してきましたが、7年目からは石橋美樹さんを代表に活動していただくことになりました!!



とても大切にしてきた会だからこそ、心から信頼できる美樹さんにお任せできることが本当に嬉しいし有り難く思っています。



昨日の6周年記念では美樹さんから素敵なブーケと共に、SMC静岡・新潟・名古屋主催の皆さんからのメッセージをサプライズでプレゼントしていただき、SMCの存在理由を改めて確信することが出来た!



静岡の小山三紗登さん
新潟の羽田珠恵さん
名古屋の杉江聡子さん



思いのこもったメッセージをどうもありがとう!



7年目からは美樹さんのエネルギーで、さらに素晴らしい新生SMCが展開されていきますので、引き続きどうかよろしくお願い致します!!



そして美樹さん
美登理さんと私の思いを引き継いでくださって本当に心から感謝しています。これからは美樹さんらしいSMCを思い切り楽しみながら、たくさんの方と新しい価値を創ってください!






2018年11月19日 : SMCレポート 第44回目
今日は今月6周年を迎えた第44回目Smart Mama's Clubを開催させて頂きました!



記念すべき回にゲストスピーカーとしてお呼びしたのは、母でもあり妻でもあり2社の代表でもある森江加代社長!



Smart Mama's Clubがいちばん大切にしている『様々な役割をバランスよく果たしながら自己実現する』という価値観を実で生きていらっしゃる森江社長です。



いまに至るまでにビジネスやプライベートにおいて、どんなステージでどんな課題があり何に変更をかけることでステージアップしてきたのか?



数年前と比べて格段にビジョンが拡張したのはなぜか?



やりがいを感じながらミッションに生き続けるために、どんな準備や対策が重要なのか?



本当に幅広い視野から分かりやすく伝えて頂き、私もうなずき過ぎて首が取れそうでした!



「普段はビジネスの話をすることが多いけど、今日は子どもの話も出来るのが嬉しい」



そうおっしゃる森江社長がしばし母の顔で、そんな一面を見ることが出来たのもSmart Mama's Clubならではだったかな!?



森江社長
今日は気付きと学びが詰まった素晴らしいお話を頂き、本当にありがとうございました!!


2018年11月17日 : 1周年記念講演会
【 スマート・レディース・ビジネス倶楽部(SLBC) 1周年記念講演会開催!】

会員の皆さまに支えて頂いているSLBCが1周年を迎え、日頃の感謝を込めてスペシャルな講演会を開催しました!



ゲストにお迎えしたのはなんと株式会社ベアーズの高橋ゆき取締役副社長!



2年前にあるイベントでお話を伺ってから大ファンで、今回は念願叶ってお呼び出来ることになりました!



原体験をもとに新しい産業を作ろうと起業され、そのミッションにいのちを使っているゆきさんの生き方は愛情と信念に溢れていて本当にカッコいい!!



私のロールモデルのひとりです。



そんなゆきさんが日頃からどんな考え方をして、何を大切にされているのか教えて頂き、私も大きく軌道修正すると共にビジョンが広がりました。



志を持って魂が喜ぶ仕事にいのちを使っていこう!



お忙しいにも関わらず快く講演を引き受けてくださった高橋ゆきさんに、改めて心より感謝申し上げます。






2018年11月10日 : 能力の問題ではなく、習慣の問題である!
こんばんは!



こんな風にブログを書くのはもの凄く久しぶりですが(汗)
原則マフィアの大隅聡子です。



最近体調を崩したので休みながら本を読んでいたんですが、ファーストリテイリング柳井正社長著の『経営者になるためのノート』を読み返していたら、このように書いてありました。



『能力の問題ではなく習慣の問題』



当たり前のことを徹底して積み重ねるという章の一節です。



経営というのは、当たり前のことを本当に当たり前に毎日実行する。そしてチェックをし、次の方法を考える、計画を変える。この繰り返しです。第二章 儲ける力 ー経営者は商売人であれー



その場のノリや勢いで出す成果は一過性なので長続きせず、一時は良くてもまたもとの状態に戻ってしまう。頑張ればその時は成果は出るけど、継続することが難しく、だから結局なにも変わらない。毎回ゼロスタートになり、積み重ねている実感もないので、長期でみたら効果的ではないことの方が多いです。



例えばダイエットも同じ!!



流行のダイエットに飛びついては成功し「痩せた!」と喜んでいたけど、半年経ったら「あれ?」みたいなことは、私も含め誰でも一度は経験があるのでは?



それよりも理想の体型をしている人が当たり前にしていることをひとつだけでも真似して、継続的に実行し、習慣にすること!!いまの結果を作ってしまった自分の当たり前を捨て、新しい当たり前を手に入れること!!



その新しい当たり前や習慣は私たちを少しずつ成功に導いてくれます。また、ひとたび習慣化されれば無意識レベルなので、自然とその状態を長期的にキープできるようになる!



だから大切なことは!!



なにを当たり前に毎日実行するのか?
なにを当たり前にしたら理想の状態を手にできるのか?
逆にどんな当たり前を手放したら良いのか?




そしてこれは経営やダイエットに限らず、人間関係やお金にも共通する原則です。



まずは、上手くいっている人が当たり前にしていることや習慣にしていることを研究して、出来ることから取り入れ毎日毎日実行するのみ!!その際、くれぐれも間違った当たり前を選んでしまわないようにご注意ください(一貫の終わりです...)



私も今回体調を崩して健康の大切さを痛感したので、プロにアドバイスいただき、数分のストレッチを習慣化することに決めました。



次回のSmart Mama's Clubでは、母でありながら複数の事業を成功させている森江加代社長から、【お金の当たり前】を直接伝授していただけますので、いま自分が手にしている経済状態や働き方に納得していない方は、ぜひ新しい当たり前をゲットしに来てださい!!(女性限定)



また【人間関係の当たり前】については、7つの習慣ボードゲーム会がオススメです!



すべてが能力の問題なら諦めもつくけど、もし習慣の問題なら誰にでも平等にチャンスはあるし、これからもみんなで一緒に良くなっていきましょう!!



最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。