Strongersuitsは、女性がさまざまな役割をバランスよく果たしながら自分で自分の人生を選択していくための学びと環境を提供し、なりたい自分になって輝いて生きるためのアシストをいたします。

結果は同じだった…


こんばんは!



原則マフィアの(笑)大隅聡子です!



過ぎた出来事に対して「あの時もし私がああしていたら、あの人はこうなったかもしれない」とか「もっとああしてもらえていたら、私はこうなれたかもしれない」とか自分にも他人にも思ってしまうことって誰でもありますよね?



私もお仕事上たくさんの方に出逢い関わるので、自分の対応についてそんな風に日々を振り返ったりします。「もしもう一度やるとしたら?」という質問を自分自身にしながら反省・改善のプロセスを繰り返し、解釈と行動の質をあげていくのはもちろんなんだけど…



最近こうも思っています。「結果は同じだった…」



だって日々起きるさまざまな出来事は、私たちの本質を試しているだけだから!



たとえ誰かが助けてくれたり守ってくれたり見逃してくれたりしてその場は問題を回避できたとしても、本質が変わらない以上、また同じ問題がカタチを変えて目の前に現れる。自分自身が気付いて解釈と行動を変えない限り、遅かれ早かれ同じ結果をつくっただろうなと…



それが『自己評価でしか人は変われない』ということなのかな!?



そのためにもやはりヘルプよりアシストをした方が良いし、自己評価をうながすような質問力が重要だなぁとつくづく感じています!!



原則を味方につけて自分も仲間も勝たせていこう!



読んでいただき、ありがとうございました!